2019年、新年のご挨拶

明けまして、おめでとうございます!

どうも〜、ゆうさんです。

ちょっと遅めの新年の挨拶ですみません。。

仕事柄、正月休みが今日になってしまい

年が明けたということもあって昨晩は

久々に実家に帰って両親と過ごしてきました〜。

そして朝方実家から自宅に帰る途中で見た朝焼け。

久々に朝焼けなんて見たな〜と。。

初日出登山したいな〜としみじみ思いながら帰宅。。

こんな感じで今日はいつも以上にゆる〜い更新になってます笑

初詣は椿大神社へ

自宅に戻って、毎年恒例の椿大神社へ参拝。

引越しを繰り返してここ3年くらいは

この椿大神社に参拝しにくるのが毎年の恒例行事になってます。

他にも商売繁盛の神社や、

住んでいる一番近い神社で参拝をして

今年も初詣は無事終わり。

と思っていたんですが、

ここで偶然にも思わぬ発見が。

よく見たら椿大神社は

細女(うずめ)の神が祀られていたんですね〜。

あれ?ちょっと待てよと。。

ちょっとラベルが見にくいですが

偶然にも昨日両親と飲んだ日本酒がなんと細女!

その前に何回も参拝しているのに気づけよって話しなんですが

なんかこれは縁のようなものを感じてしまって

年明け早々素敵な日本酒に出会えたな〜と。。

そもそも細女の神とは?

天之鈿女命の御神徳

別宮・鈿女本宮(延喜式内椿岸神社)の祭神である天之鈿女命(天之宇受売命)は、 天孫降臨の際に、瓊々杵尊に従って天降られ、天孫一行を天の八衢に出迎えた猿田彦大神とともに日向の高千穂の峰に導き、 わが国肇国の任務を無事終えられた後、猿田彦大神と天之鈿女命は夫婦の契を結ばれ相共に伊勢国鈴鹿の里にお帰りになり、 鎮祭されたのです。
天之鈿女命は、「鎮魂の神」「芸能の祖神」として、俳優(わざおぎ)芸事をはじめ、あらゆる芸道の向上、また、 縁結び・夫婦円満の守護に霊験あらたかとして、古来より信仰されています。

椿大神社:由緒

猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)は椿大神社の主神で

天之鈿女命(あめのうずめのみこと)はその奥さんということですね〜。

鈿女命は芸能の神として多くに知られていて

芸術の神様でもあります。

僕が絵画などの芸術に興味を持ち始めたのも

ちょうど2〜3年前くらいからなので

これも何か縁のようなものを感じてます〜。

まとめ

だいぶスピリチュアルな話しになってしまいましたが

今年は参拝の帰り道に初めて雉を見たり、

偶然飲んだ酒が参拝していた神社の神様だったり

2019年は今までにないくらい良い一年になりそうで楽しみです!

今年の僕の目標は「一日一新」で

30歳を迎えて20代に比べて固まりがちな思考や行動を

いつも成長へと変化できるように心がけていきたいと思います。

今年も皆さんにとっても良い一年になりますように。

それでは今日はこの辺で〜。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする