草むらを更地にするだけで高収入。激安!「空き地」投資 加藤ひろゆき

草むらを更地にするだけで高収益 激安! 「空き地」投資
加藤 ひろゆき
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 6,231

激安!「空き地」投資

相変わらず不動産系の書籍を読み漁ってます。。

勉強ばかりではどうなのかと思うところではありますが

ちょっと変わった視点の本を今回は見つけました。

それがこちらの激安!「空き地」投資です。

タイトル通りなんですが

アパート経営ではなく更地に視点を置いて

テナントや駐車場として収入を得るというもの。

今回はそんな空き地投資について

まとめていきたいと思います!

はじめに

こちらの本は

更地を人に貸して収入を得る

手法がまとめられた一冊です。

建築費が高騰している現在、

わざわざ建設するよりもシンプルに

土地を貸すだけでいいというのが

著者の加藤ひろゆきさんの始まりでした。

2017年の不動産ブームのピークを経て

今では銀行の金利が下がり、中古アパートの利回りも低下。

市場では利回り20%を超える物件は消え、

かぼちゃの馬車のような新築を建てて

サブリースを組んだけど、入金が止まり

毎月の支払いも困窮するようなオーナーが増加。

不動産の世界の厳しさを痛感している

大家さんが世の中にはたくさんいます。

そもそも数千万〜数億円のお金を銀行から借りるのに

ほとんど勉強しないで参入する人があまりにも多いと

著者の加藤さんは言われています。

そんな困った大家さんに朗報なのが

こちらの更地投資というわけです。

主な内容

更地賃貸のメリット

・電気、ガス、水道が不要

・テナントが勝手に建物を建ててくれる

・土地によって開拓不要、そのまま貸せる場合がある

・維持費がかからない

・ライバルが少ない

・アパート経営より考えることが少ない

・田舎でも需要がある

・国や企業の投資で急激に資産価値が上がる場合がある

・大手企業が参入していない

もちろんデメリットもあります。

・賃料の坪単価が安い

・ある程度の広い面積が必要

・テナントが決まるまでの期間が長い

・坪単価が高い土地では儲かりにくいなど

募集方法は主に

テナント専門の不動産に営業をかけるだけ。

加藤さんの場合、

テナントとしては中古販売業者が多いそうです。

テナントに貸す場合、注意が必要なのが

整備費用はテナント負担か大家負担か

これはよく話し合っておくべきです。

テナント負担の場合は

家賃を多少下げるなどして

良い関係を築くことが大事だと

加藤さんは言われています。

それと土地を買って間もない頃は

すぐにテナントは入らない可能性が高いので

「FORRENT」や「貸」など看板を掲げないと

貸駐車場なのか、自己使用なのか分かりづらいので

更地を購入したらまず看板を立ててアピールしましょう。

あと、もし買った土地が

草木で生い茂っていた場合は最初はちゃんと手入れをする

ということも重要だと言われています。

更地投資に関しても同様、

土地を買って終わりというような

甘い世界ではないので

ちゃんと借り手が見つかるまでは

自分で管理することが大切ということですね。

印象に残った言葉

更地投資のメリットで紹介した通り

・建物がない分、管理が楽。

・電気、ガス、水道などのインフラが不要。

この2つは特に大きいメリットだと思います。

アパート経営で一番お金がかかるのが

建築費と修繕費なので

ある程度の期間はテナントが入らなくても

投資額が少ない分、リスクも少なくて済みますね。

住宅密集地に土地を買えば駐車場として、

更にテナントなどに貸すことで

やり方によっては

アパート賃貸で得る家賃収入よりも

収入を超えることだって可能ということが

更地投資の最大の魅力だと思います。

まとめ

僕にとって本書は

アパート物件を購入するために

銀行から何百万〜何千万と借金して家賃収入を得る

ということに比べると

毎月の売り上げは少なくても

利回りでいえば家賃収入以上のリターンが得られる可能性が高い

と教えてくれた一冊でした。

その他おすすめ本

草むらを更地にするだけで高収益 激安! 「空き地」投資
加藤 ひろゆき
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 6,231
新聞少年が一代で4903世帯の大家になった秘密の話
大川 護郎
ぱる出版
売り上げランキング: 16,032
不動産投資を事業経営に変える!! 資産形成術
ルー大谷
セルバ出版 (2018-07-20)
売り上げランキング: 4,002
300万円で大家になって地方でブラブラ暮らす法
加藤 ひろゆき
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 62,416
スポンサーリンク

シェアする

フォローする