あなたは善人?それとも悪人?「うちのお寺は浄土真宗」

うちのお寺は浄土真宗

タイトルだけ見た方は

何か変な宗教の勧誘か!?

と思われるかもしれませんが

決してそうではなくて、今回は

浄土真宗を世に広めた「親鸞」のお話です!

はじめに

本書では世の中にある宗教のうち、

浄土真宗の寺院数は2万699寺、信者数約1143万人

と紹介されています。

この数は日本仏教七代宗派の中で

圧倒的に一番多く、長い歴史の中で

現在まで信仰されてきたことが分かります。

ちなみに日本仏教七代宗派とは

浄土真宗、曹洞宗、真言宗、浄土宗、臨済宗、日蓮宗、天台宗

のことを言います。

今回は数ある宗教のうちの1つ

一番多く信仰されている浄土真宗に関する1冊です。

主な内容

仏教とはお釈迦様が説いた宗教で

「人々が幸せに生きるための教え」であり、

悟りを開いて仏になったお釈迦様が

人間の悩みや苦しみの本質を明かし

苦悩から解放され幸せに生きるには

どうすればよいかを説いたものです。

そして浄土真宗は仏教の中の一つであり、

「南無阿弥陀仏」と唱える全ての人間を

誰でも極楽浄土へ生まれ変わることを約束する

というものになります。

「他力本願」や「悪人正機」などの言葉は

実は浄土真宗の教えの一つで

現代の我々の生活にも深く関わっていますね。

他にも本書では

浄土真宗ならではの歴史や作法などを

Q & Aという形で簡単に読めたり、

総本山であるお寺の紹介 や

親鸞聖人の生涯を漫画にしてあったりと

大変読みやすいので学びやすいと思います!

印象に残った言葉

浄土真宗を語る上で

大変有名な言葉が2つあります。

それは先ほどもご紹介した

「他力本願」と「悪人正機」です。

それぞれの言葉は意味を間違って解釈されやすく

改めてここでご紹介しておきたいと思います。

・他力本願

他人の力や運をあてにして自分は何もしない

という意味ではなく、

阿弥陀仏が全ての人を救おうとする大きな力

のことを言います。

つまり他力とは仏という意味で

本願とは信仰するということになります。

浄土真宗が南無阿弥陀仏と念仏を唱えるだけのように

この言葉の本質は「仏を信じる」ということなのです。

・悪人正機

親鸞が書いた古典で有名な「歎異抄」の言葉

善人でさえ往生できるのだから、悪人が往生できないわけがない。

という意味になります。

ここでいう悪人というのは

浄土に往生できっこないなどと

迷いながら生きている人のことを言います。

なので上記にあるように

善人でさえ往生できるのだから、悪人が往生できないわけがない。

という解釈をすることができるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか!?

普段使っている言葉の中でも

他力本願という言葉は

多くの方が使われていると思います。

現代の日々の生活でいえば

他力とは信用できる相手のことが当てはまり、

その相手を信じて任せること。

そうすればきっといい結果を

自分に届けてくれる。

というような意味になるのでしょうか。

それでは今日はこの辺で〜。

その他おすすめ本

うちのお寺は浄土真宗-我が家の宗教を知るシリーズ (双葉文庫)
わが家の宗教を知る会
双葉社 (2015-02-12)
売り上げランキング: 289,533
浄土真宗とは何か - 親鸞の教えとその系譜 (中公新書)
小山 聡子
中央公論新社
売り上げランキング: 209,034
イラストで丸わかり! 親鸞と浄土真宗 (洋泉社MOOK)
洋泉社 (2017-10-27)
売り上げランキング: 28,621
浄土真宗 仏教・仏事のハテナ?
東本願寺出版 (2017-09-11)
売り上げランキング: 228,633
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. hirai より:

    法然は浄土宗です、浄土真宗ではありません。宗派の違いは経典の違いもう少し経典についての言及が欲しかった。

    • admin より:

      ご指摘ありがとうございます!訂正しました。もっと詳しく伝えられるように努力します。