この山がオススメ!登ってよかった百名山5座(後編)

おすすめの百名山5座(後編)

おすすめの百名山5座(前編) 僕が登山を始めてから ちょうど50座を超えたので、 今日はこれまで登ってきた山の中で ...

お待たせしました〜。

前編で紹介させていただいた続編です!

これは僕が登山を始めてから

ちょうど50座を超えたので、

これまで登ってきた山の中で

登ってよかった百名山を5座まとめた後編になります〜。

前編では2014年〜2015年の山々を、

後編では2016年〜2018年を紹介していきます〜。

なおご紹介する順番については

僕が登ってきた順になっていますので

ランキングではありません〜。

まだ前編を見られてない方は

上のリンクから是非ご覧ください〜。

では、後編のご紹介です!

6座目:剱岳

剱岳は、北アルプスの一つ飛騨山脈北部の立山にある

標高2,999 mの山。富山県の上市町と立山町にまたがる山のことをいいます。

剱岳で強烈に印象に残っているのは上の写真。

足の幅が数十センチしかない岩の周りを歩いて頂上を目指します。

しかもこれは1箇所だけではなく

この苦行を何箇所も歩かないといけません。

いや〜これが何と言っても怖かった!

あいにく僕が登った時はなんと雨が降っていて

足場も滑りやすく大変危険な状態でした。。

剱岳を登られる際は

特にしっかり装備を整えて登ってください〜。

難所をクリアした先に

もしかしたら本当に死ぬかも。。。

と思いながら登った先には絶景の山頂が待っていました〜!

景色を見て疲れも一気に吹き飛びました笑

僕が宿泊した剣山荘から山頂までは

鎖場やハシゴを使いますが大変危険なルートになってます。

登る何ヶ月か前に

登山道から滑落された人もいたようなので

何度も同じことを言いますが

十分な体力作りと装備の確認をしておきましょう!

剣岳山荘は天国でした!

立山と剱岳を登られる際は

剣山荘を利用される方が多いと思います。

特にこちらの剣山荘は

他の山とは設備の充実度が違っていて

個室やシャワーも使えるので女性にとても人気です!

食事も大変美味しくいただきましたし、

ビールは冷えたジョッキでいただけます笑

テント泊もいいですが

予算に余裕がある方は山荘を使うのもアリかと!

7座目:白馬岳

白馬岳も北アルプスの一つ飛騨山脈北部の後立山連峰にあり

長野県と富山県に位置する標高2,932 mの山です。

僕が登ったのは夏でしたが、

白馬と呼ばれる由縁は白馬の雪山の斜面が

春の雪解けにより露出して黒い雪形が見られるようになるので

苗代を作る時期の目印としたことから

昔は「代馬(しろうま)岳」と呼ばれていたそうです。

そして明治時代に「代」が「白」という呼び方に変わって「白馬」になり

やがて「はくば」と呼ばれるようになったと言われています。

ぜひ一泊して山頂からご来光を

3000m級の山から見るご来光は格別です!

写真のような雲の上から見られることができるので

是非登られた方はご来光もセットでどうぞ〜。

8座目:金峰山

金峰山は、山梨県甲府市と長野県南佐久郡川上村の境界にある標高2,599 mの山で

別名「甲州御岳山」ともよばれています。

その荒々しい岩肌が作りだす山頂の景色は

何とも不思議な魅力でとても惹きつけられます。

セットで登ってほしい瑞牆山

瑞牆山は山梨県北杜市にある

標高2,230mの山で、奥秩父の山域の主脈の一つです。

金峰山とセットで登られる方が多いと思いますが

金峰山同様での2つの山の魅力はなんといっても岩たちです!

どうなってこんな岩の形が残ったのか

不思議なところもまた魅力的でした〜。

9座目:燕岳

燕岳は、飛騨山脈にある標高2,763 mの山ですべての山が長野県にあります。

以前は日本二百名山に認定されていましたが

新日本百名山として新たに選ばれています!

そしてなんといっても燕岳のシンボルは

こちらの岩で出来たイルカのオブジェですね〜。

金峰、瑞牆同様で山は不思議なことだらけです笑

他にも見所がたくさん

山頂にはこんな石像があったり

尾根は言うまでもなく

ずっと歩いていたいくらい最高です!

山頂にある燕山荘では

ビーフシチューがいただけます!

あとケーキセットも注文しました笑

景色はもちろん、山荘の充実度も高いので

多くの登山客で賑わっている人気の理由が分かります〜。

まだ登られていない方は是非どうぞ!

10座目:木曽駒ケ岳

木曽駒ヶ岳は長野県上松町・木曽町・宮田村の境界にある標高2,956mの山です。

木曽山脈の最高峰で、日本百名山、新日本百名山、花の百名山に認定されています。

最後にご紹介するのはこちらの木曽駒ケ岳です。

立山同様、ロープウェイで山頂まで行けるので

登山以外の観光客も多く大変人気の山の一つです!

四季折々の景色はとても美しくて

コースも難しくないので体力的にも安心なので

いつ誰と来ても大満足できること間違いなしの山だと思います〜。

ずっと歩いていたくなる美しい稜線

1枚目の写真にある千畳敷カールが一番の見所ですが

それ以外にも2枚目の写真のような

ずっと歩いていたくなる稜線があったりと

楽しめるポイントがたくさんあるのも魅力の一つですね〜。

まとめ

今回、2日に渡ってご紹介させていただきました〜。

いかがでしたでしょうか!?

少しでも山の魅力を伝えられたらいいのですが。。

断片的にしかお伝え出来なかったので

おすすめのルートや実際のコースタイム、参考になる情報などは

また別の記事にてアップしたいと思います!

それでは今日はこの辺で〜。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする