100kmウォークに向けて東海道を歩いてきました!

10月に参加する三河湾100kmウォークに向けて

今日は練習ということで東海道を歩くことに〜。

それと今日は実際歩いてみて

気づいたことをまとめてみました!

100kmウォークってなに?

愛知県にある三河湾。 渥美半島と知多半島の間に位置していて 毎年チャリティーイベントとして開催される 10...
最近飲み会が続いていて ブログの更新をサボり気味だったので反省。 でもつまみのネタ探しにもなったので これ...

過去記事もまとめてあるので

よかったらご覧ください〜。

東海道を歩いてみました!

あいにくの雨だったので

急遽予定を変更して午前中のみ歩くことにしました。

コースは名古屋市にある熱田神宮から鳴海駅まで

約15kmの東海道を歩いてみました!

8:30 熱田神宮

本日の無事ゴールを参拝してスタートです。

熱田神宮は初めてだったのですが

日本書紀や古事記に登場する

日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が使っていたと言われる

三種の神器の一つ草薙剣が祀られていることで有名ですね!

9:00 七里の渡し

俳句で有名な松尾芭蕉も

この地を度々訪ねていたと言われています。

七里の渡しは宮宿とも呼ばれていて

当時は三重県桑名市からの海路にあたり渡船場だったそうです。

東海道はここから歩いて東京まで繋がっています。

その距離約300km。。

昔の人は苦労されたんでしょうね〜。

10:00 笠寺一里塚

綺麗な彼岸花がたくさん咲いてました!

当時の徳川幕府が東海道をはじめとして

主要の街道に一里塚を築いたと言われています。

その36にもなる町を一里を約4kmとして

一里毎に塚を築いて距離を測っていて

このエノキやマツの木が植えられています。

10:30 笠覆寺(りゅうふくじ)

笠覆寺に伝わる話によりますと、

笠覆寺は約730年に一人の僧(禅光上人)が浜辺に打ち上げられて

そこにあった流木で十一面観音像を彫って

その像を祀るために天林山小松寺を建創したのが

笠覆寺の始まりだと言われています。

縁結びや厄払いとしても有名ですね〜。

11:30鳴海宿(鳴海駅)

あっという間に鳴海駅のすぐ側にある鳴海宿に到着。

今回はここがゴール地点です〜。

実際歩いて気づいたこと

15kmという短い距離ですが

100kmウォークに向けて

気づいたことがたくさんありました!

道具はちゃんと揃えた方がいい!

特に感じたのは靴下ですね!

天気が雨だったこともあって

靴の中が湿ってふやけてしまっている状態でしたが

以前買ったイトイテックスの5本指ソックスが役立ちました!

和紙で作られたこの靴下のおかげで蒸れが抑えられて
結果、マメもできずに快適に歩けました〜。
少々値段が高いですが買う価値ありです!
ちなみに100kmウォークを断念する人の理由で
マメが潰れて歩けなくなったという人が一番多いみたいです〜。
靴下同様、靴もちゃんとしたものを
実際に店頭で履いて買われるのがよろしいかと!

お寿司ランチで一杯

時間はまだお昼だったので

名駅へ移動して、お寿司ランチ。

疲れた体には染みますね〜。

お寿司も大変美味しくいただきました!

では今日はこの辺で〜。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする