情報洪水でも疲れない「遅読家のための読書術」 印南敦史

この本を選んだ理由

僕自身、書評ブログを立ち上げたことで

前にも増して本を読むことが重要になりました。

僕は会社員なので

定時に出勤し退勤するのですが、

その限定された時間の中で

生産性を上げていくためには工夫が必要です。

それが僕の場合は書評なので

よりたくさんの本を読んで皆さんにお届けするということ。

そして日々忙しい毎日を送る人にとっても

本からの情報は多いので

効率よくインプットしたいはず。

そういった人にとっても役に立つ一冊だと思います!

主な内容

著者の印南さんも元遅読家で

1ページ読むのに5分、10分かかるほど。

それを年間700冊以上、1ヶ月で60冊以上

読むことができるようになった方法とは、

速読術というより、正しい流し読みと言われています。

ですので、この本の価値は

読書が得意な人たちの成功法ではなく

読書が苦手な人たちの克服法にあります。

その方法を簡単にまとめると、

・じっくり読んでも忘れるので熟読しない

・記憶しようとしない

・積ん読上等!気が進まなくても本を流し込む

・毎朝どこかで読む時間を決める(10分でも良い)

・1日1冊ペースで。昨日とは違う本を読む

まだまだありますが

とりあえずこれだけやれば

今よりスピードは確実に上がるはず!

印象に残った言葉

読書の本当の価値は、

「書かれている100%を写しとること」ではなく、

「価値を感じられるような1%に出会うこと」

一生懸命に本を書かれた皆さんには

大変失礼な言葉ではあるんですが、、

著者の印南さんの言葉を借りると

たくさんの本たちから

「小さなかけら」を集めて

「大きなかたまり」を作っていく

というのが遅読家には一番必要なのだと思います。

まとめ

遅読家の皆さんはどこかで読書とは

一回で読んで内容を全部覚えないと。。

と思い込んでいるのではないでしょうか?

むしろ全然そんなことなくて、

読書の本質はたくさんの本に出会って

その知識をもって行動することで

人生をより豊かにするものだと思います!

その他おすすめ本

遅読家のための読書術――情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣
印南 敦史
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 9,009
どんな本でも大量に読める「速読」の本 (だいわ文庫)
宇都出 雅巳
大和書房
売り上げランキング: 4,803
読んでも読んでも忘れてしまう人のための読書術 (星海社新書)
印南 敦史
講談社
売り上げランキング: 86,596
スポンサーリンク

シェアする

フォローする