不動産は工夫しだいでゼッタイ儲る!中村一晴

西日本豪雨復興支援 獺祭 島耕作

変な時間にブログ更新してますが

昼間から飲んでいる訳ではありません笑

先日お店のスタッフさんからいただきました。

こちらの島耕作モデルは

西日本豪雨の被害によって

一部出荷基準に満たなかったということで

復興支援として作られた銘柄になります。

島耕作を描かれている漫画家の弘兼憲史氏と

何度もピンチをチャンスに変えてきた島耕作によって生まれた一本。


獺祭 純米大吟醸 島耕作 720ml

大事に飲ませていただきます〜。

不動産は工夫しだいでゼッタイ儲る!

そして今日も中村さんの一冊をまとめます〜。


不動産は工夫しだいでゼッタイ儲かる!―諦めないで!

こちらの一冊は

不動産を売るということに特化した内容になっています。

中村さんが不動産営業時代に学んだ

物件を売る工夫をもとに

今現在、大家業をされている方に当てはめて

話しがまとめられている一冊です。

なぜ不動産屋は儲るのか?

不動産屋が儲るのは

売れて当たり前の物件を売るより、

売れ残りの価値のない物件を加工して売る。

という作業をしているからです。

本書の中で多くの大家さんは

物件購入価格 < 家賃収入

を優先している人が多いらしいです。

このマンション一棟を買えば

不労所得で家賃収入が〜

みたいな話しにばかり目が眩んでしまいがち。

これが落とし穴で、

大事なのは買った後に何をするか?です。

そして家賃収入を得ることだけでなく、

最終的にいくらで売れるか?

出口をちゃんと考えておくこと。

これが大事と中村さんは言われています。

あなたが所有している不動産は儲る不動産ですか?

売却する以外にもあなたの不動産を

儲る不動産に変えるポイントが紹介されています。

儲る不動産に変える8つのポイント

①売却という出口を意識する

②売れる時に売る

③物件に惚れてはいけない

④加工済みの不動産には手を出さない

⑤ボロ物件を価値ある物件に変える

⑥売っている価格は気にしない

⑦あなたに群がる悪意の専門家を嗅ぎ分ける

⑧不動産業者を自在に使いこなそう

いかがでしょうか?

売却を出口に考えられているので

ポイントも売却ベースにはなっていますね。

8つのポイントは分かったのですが、

これがもし所有しているのが

賃貸物件ではなくてマイホームだったら。。

儲るマイホームにはできるのか?

という内容もまとめられているので

一部紹介したいと思います。

自宅を儲る不動産に変える方法

いきなりですがこちらの章では、

マイホームも売却した方がいいよ〜

という内容になってます。

マイホームを購入してはいけない3つの理由

①返済期間分暮らせる家であること

例えば30年ローンを組んだとしたら

30年間は仕事や暮らしがマイホームに固定されます。

②支払額以上にお金はかかる

固定資産税はかかりますし、

光熱費などは賃貸の倍以上かかります。

③投資になっていない

ローンが終わる頃は建物の価値は0です。

マイホームについては賛否両論あると思いますが、

とりあえずここは売却するという方向で話しを進めます。。

自宅を高く売却する10のポイント

①いつでも内覧できる状態にしておく

②とにかく見た目をきれいにする

③外観をきれいにする

④水回りは特にきれいにする

⑤部屋を明るくする

⑥生活臭を消す

⑦畳の部屋を減らす

⑧最低限の設備をつける

⑨家具付きにする

⑩雨漏りをなくす

すべてまとめてみると

明日からでも生活できるにするということ。

というのが高く売却するポイントだと言われています。

この機会にマイホームを売却して

今までやろうと思ってもできなかったことに

家族の皆さんで挑戦してみるのはどうでしょうか?

まとめ

僕もそうだったのですが、

日々の家賃収入に目がいってしまって

売却するということが頭になかったです。

ボロ物件を安く買って物件価格のリスクを抑えて、

最低限必要なポイントだけ回復して

満室の状態まで持っていけば

物件価格以上に売ることは可能ではないでしょうか。

あとは本書の中で紹介されていた

マイホームを持たれている方で

余っている部屋を賃貸するという方法が紹介されてました。

下宿やホームステイ感覚で提供するのも面白いと思います。

ただ単に空き部屋にしておくのは

勿体無いと思うので一度考えてみてはどうでしょうか。


不動産は工夫しだいでゼッタイ儲かる!―諦めないで!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする