本日開催!!楽天EXPO東京に参加してきました。

本日は楽天EXPO東京に参加してきた。

会場はグランドプリンスホテル新高輪。

今回は東京1ヶ所に限定したカンファレンス。

内容が凝縮されているようなので非常に楽しみ。

受付はe-チケットですませて、いざ会場へ。

受けたいカンファレンスまで時間があったので、

それまでは各フロアにあるイベントスペースで

色々な企業の方々と話しをして待つ。

昼食にはお弁当が無料で配られたり、

お菓子など食料品がとても充実している。

油断したら太りそうだ.な..。

午後1時から楽天の三木谷社長の講演に参加。

話しを聞きたいのは他の皆も同じ様子。

会場は中継会場と2つに分かれており、

生演説の会場はこんな様子。

アトラクションの順番待ちのような光景。

僕の後ろにいた数名からは

満席になってしまい中継会場へ案内される。

運良く最後尾で会場入りできた。

今回の三木谷社長の講演は楽天ブランドの戦略と政策。

ロゴに秘められた思いをはじめに、

独自のサービス展開を中心に講義が進む。

三木谷社長の講演が終わると、

日本食べるリーグ代表の高橋さんの講演を受けて

そのまま大前さんの講演を受講する。

高橋さんの話しは、

第一次産業の農家や漁業を営む方々を

今の時代にあったSNSなどを使った広告戦略で

非常に共感できる部分が多かった。

写真は大前さんの講演だが、

高橋さん以上に話しが面白い。

大前さんのフィルターを通したときの

市場、お客様、今後の戦略はとても勉強になった。

最後は懇親会と授賞式。

うちのお店を担当している楽天の方と話しをしたり、

同じテーブルの同業者の方々と色々話しをする。

懇親会だけあって食べ物はビュッフェ形式で提供される。

とても美味しいのだが、なにせ人数が多いので取り合いに…。

でもビールが飲めるのはとても嬉しい。

まとめ

三木谷社長が今回新たに発表したワンデリーバリー。

楽天が運送から商品管理まで幅広く管理する。

不安要素がないといったら嘘になるが

とても大胆で戦略的だと思った。

高橋博之さんは

今の日本の食文化を正そうとしてくれている。

もともと、第一次産業の方々は

生産技術的な能力に長けているけど

宣伝的な観点はほぼど素人なので、

その仲介役になることで漁師や農家の人々を助けている。

大前さんに至っては、

やはり話しが突出して面白い。

イオンで全ての消費をすませるイオニストなど

独特のネーミングセンスも抜群。

これからのEC事業に対しての足りない部分を

わかりやすく演説してくれた。

各著名人の講演を聞いて、

時代の変化と共に、働く側の変化にも対応しなければならない。

変化を恐れていては成長はないということ。

儲かっている店ほどたくさん挑戦と失敗をしていて、

そこからヒントを探して答えに導いているのが分かった。

ただのネット事業はもう終わった。

これからはお客様一人一人に寄り添った

サービス展開を行える企業が生き残っていくだろう。

色々と良いアイディアが浮かんだので

早速、帰宅したら個人・法人共に

インプットした分、アウトプットしていこうと思う。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする