「iphoneX vs RICOH GR」使い勝手がいいのは結局どっち?

少し前にGRからiphoneXに

撮影を試験的に乗り換えた記事をアップした。

その後、撮影する機会が何度かあって

iphoneXを使い続けて分かったことを今日はまとめてみる。

iphoneXとGRの特徴

iphoneXのメリット

・カメラを別に持ち歩かないので荷物が減る

・ほぼ常に持ち歩いているので忘れることがない

・ポケットの中にあるからGRよりも機動性が高い

・その場でgoogleフォトにアップロードされる

・編集操作、確認がGRよりも簡単

・写真の共有がすぐできる

iphoneXのデメリット

・カメラ以外の操作もするのでバッテリーの消費が早い

・撮影の幅が限られている

・シャッター音がうるさい

GRのメリット

・iphoneでは味わえない所有感がある

・コンデジにしかないマニアックな操作性

・外付けレンズが使える

・GRらしい写真撮影が可能

・個人的にシャッター音が気に入っている

GRのデメリット

・本体、アクセサリーなど荷物がかさばる

・出かける前に持っているか確認する必要がある

・SNSなどの共有の際に一手間かかる

デメリットはどうにかなるのか?

iphoneXの場合

バッテリーの消費に関してはiphoneX以降

格段にバッテリーの持ちがよくなっているので

そこまで気にならない。

電話やLINE、ニュースアプリなど見ていても

バッテリーが切れるということはまずない。

撮影の種類に関しては

個人的に標準撮影とポートレート撮影が中心なので

特にもっと機能が欲しいな〜と思ったことはない。

以前、PENTAXのK3-ⅱを使っていたときも

単焦点レンズ中心だったので

ズーム機能は全く使っていなかった。

シャッター音はアプリによっては

消音アプリなど使えば問題ない。

GRの場合

GR自体のサイズは小さいけど

バッテリーなど荷物がどうしても増えてしまう。

基本的にサコッシュを使うことが多いので

荷物が1つでも減るのは嬉しいので

このポイントは大きい。

出かける前、前日に

ちゃんとカバンにいれたか確認しないといけない。

バッテリーなど充電も忘れないように…と

iphoneXなら必要ないがGRは確認作業が必要。

ちょっとこれも手間。

ライトニングコネクタのSDカードリーダーを使えば

すぐにiphone、ipadに同期できる。

が、言葉にすれば簡単だけど

いちいちカバンからカードリーダーを取り出して

同期しないといけないのでこれも面倒。

まとめ

書いてて思ったけど僕はすごく面倒くさがりだ。

他人からしたらどうってことないことかもしれないが

でも僕にとってはどうしてもストレスを感じてしまう。

画質的な違いが肉眼ではほとんど無いので

比較対象がどうしても機動性や持ち運びといった点になる。

やっぱり圧倒的にiphoneXの方がいい。

食事をしているとき、

突然撮りたいものが出てきた瞬間など

撮影の場所を選ばないのもiphoneXの方が有利。

しかも防水性も兼ね備えているので

どこにだって持っていける。

うーん…やっぱりこのまま

iphoneXをデフォルトにしたいと思う。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする