30日で人生を変える「続ける」習慣 古川武士

結論から言うと、習慣で人生が決まる。

いきあたりばったりで人生を過ごしていては

なりたい自分、将来やりたいことは実現しない。

人生は習慣で決まるということ。

僕が続けている習慣はたった1つだけ。

早起き

まず僕の習慣は早起きから始まる。

朝5時に起きるのがほとんど。

早起きして何するの?とよく聞かれるが、

・ランニング

・新聞、ラジオニュース、Feedlyなど情報収集

・読書などの勉強

主にこの3点を集中的にしている。

ランニングは朝起きてすぐやる。

起きたては頭が空っぽの状態なのと

睡眠をとっている間に

脳内で昨日の記憶の整理をしてくれているので

色々と考えがまとまりやすかったり

新しいアイデアが生まれやすい。

+運動することでより脳が活性化される。

健康にもいいし一石二鳥ということ。

情報収集、読書に関しては

前は仕事が終わって帰宅してからしていた時と比べて

頭も体も疲れきった状態でやるのと、

睡眠をしっかりとって体を動かして脳が活性化された状態でするのと

記憶の残り方が全然違うことに気づいた。

夜はお酒も飲むし、

仲のいい友達や会社の人たちと食事したりするので

朝全部やってしまうのが一番いい。

夜も読書をしたりするけど

頭も体も疲れきっているので

読んでても疲れない本を読んだりする。

あとは音楽を聞いたり、映画を見たりしてゆっくり過ごす。

最近はブログを始めたので

1日の終わりにブログでアウトプットして就寝するのが日課だ。

ベビーステップで始める

本書を読めば習慣化することで

成功に大きく近づけることは容易に分かると思う。

ただ継続するということはとても難しい。

根性、効率化などといった言葉では成立しない。

自分に必要なものは分かった。

じゃあこれから全部やらないと…

といって、あれもこれもと一気に始めて

続けていくのは難しいだろう。

ではどうやって習慣化するのか?

それは小さく始めること。これだけだ。

ランニングと一緒で

いきなり長距離を走れなくても

毎日短距離でいいから走ることをやめなければ

いつの間にか長距離に挑戦したとき

完走できるようになっている。

本書の中でこれを「ベビーステップ」といっている。

まとめ

僕の早起きも、昔は8時、9時起きだったので

最初は7時半、次は7時などベビーステップでやってきた。

7時に起きれるようになったら次は短距離のランニング。

それができるようになったら新聞など。

どんな形でも目的のために

継続するということが一番大切なのだ。

とりあえず、まずは小さく始めてみよう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする