2018年10月チャリティーイベント「三河湾100km歩け歩け大会」に参加します!

愛知県にある三河湾。

渥美半島と知多半島の間に位置していて

毎年チャリティーイベントとして開催される

100km歩け歩け大会なるイベントに

今年参加することにした。

そこで参加するにあたって少し今の状況をまとめてみたいと思う。

どんなイベント?

この100kmウォークの開催日は

2018年10月13(土)と14(日)の2日間。

チャリティーイベントなので会費は1人15,000円。

総勢最大1700名まで参加可能らしい。

そして距離にして100kmにもなるコースをひたすら歩く。

天気に関係なく、朝から晩まで一日中。

途中リタイヤはいつでも可能で、

食事や水分補給、トイレなどは細かく用意されている。

現状を分析してみる

僕はブログでも紹介しているとおり、

ランニングや登山に出かけたり、旅行でよく歩いているので

体力的には問題ないと思うけど

長距離を歩くとなるとそういった運動やスポーツでは

使わない筋肉を使うので鍛える必要がある。

去年、勤めている会社の社長や知り合いが参加していて

完走のポイントは2つあると聞いた。

ポイントは「マメ対策」と「軽量化」

1つ目は「マメ対策」だ。

足の裏にできるマメが死ぬほど痛いらしい。

普段そんな長距離を歩いていないのに

いきなり歩けばマメの1つや2つできるだろう。

個人差があるだろうけど、

これができるのとできないのとでは雲泥の差があるという。

2つ目は「軽量化」だ。

容量が限りなく少ない小さなリュックがいいらしい。

ショルダーバッグは振動で揺れて歩きづらいのが予測される。

バックパックはでかすぎて体に負担がかかるし、

ウエストポーチは小さすぎて上着などが入らない。

できるだけ軽くて、ある程度の容量があるリュックが必要だ。

マメ対策としては、

100kmウォークに向けたトレーニングと

ソックスとシューズを用意しようと思う。

僕の経験上、長時間歩くと股関節が痛くなるので

普段鍛えないトレーニングとストレッチ方法を身につけることも必要か。

念のためテーピングも視野に入れておく。

軽量化はトレランに興味が出始めた頃に購入したULザックで十分だろう。

あとは何を持っていくか。

当日は10月なので、夜は海の側だから少し厚めの上着がいるだろうか。

それに雨対策もしておいた方がいい。

一日中歩くので携帯などのバッテリー関係も用意する必要がある。

あとは現地調達でなんとかなる気がするが。

まとめ

何事も準備が大事なので、

まだ先だけど完走に向けて

色々イメージして段取りしておきたい。

とくに怪我をしては意味がないので

怪我をしないように本番にのぞむけど、

無理せず途中リタイヤできるのが嬉しい。

さあ、本番に向けてこれから準備していこうと思う。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする