挙式でも2次会でもない。「1.5次会」という新しい披露宴に行ってきた

ようやく天気も晴れて夏らしい快晴になった。

でも未だ岡山、愛媛の四国地方では大雨で

死者、行方不明者多数とニュースで報じられている。

一刻も早く被害が治ることと、一人でも多くの人々が助かってほしいと願う。

そんな日だが、

今日は会社の部下たちの1.5次会に招待されたので出席してきた。

1.5次会とはなんだ?という話しなのだけど、

簡単にいうと名前の通り1次会(披露宴)と2次会の間みたいなもので

新郎、新婦側にとっても参列者にとっても

敷居は低くて参加しやすい披露宴になっている。

今回の1.5次会は特にドレスコードなども決められてなく、

普段着のような私服の人もいれば

スーツにチーフをさして普段通りの披露宴に参列するような人もいた。

今回の会場は名古屋テレビ塔で

念のため、会場側にドレスコードの確認をとると、

会場側としては特に指定はないが男性はスーツが多い。

あとは新郎新婦側がどんな式にしたいかによる…とのこと。

うーん…正直決めてほしい。なんとも曖昧だ。

まあスーツを着ていけば間違いないとのことだったので

とりあえず急遽スーツを用意して参列。

やっぱり参加している人たちの9割が

1.5次会とはいえ1次会同様、披露宴と同じ服装だった。

会場はテレビ塔内4Fにあるpark banquet(パークバンケット)という場所で、

テレビ塔らしく、ところどころに鉄骨の柱があったり

4Fということで名古屋芸術文化センター側から見える景色を一望できるようになっている。

僕自身、今までテレビ塔内に入ったことがなかったが、

1Fの屋外にはビアガーデンがあり

階を重ねるごとに展望場所などが用意されている。

そして4Fの最上階がパーティ会場となっている。

まとめ

肝心の1.5次会だが、僕個人の意見としては

通常の披露宴は新郎新婦側のご両親、友人、会社関係の

方々のスピーチがあったり余興があるものがあって

涙が溢れてしまうような感動してしまう式が一般的なのだけど、

1.5次会はとてもカジュアルな雰囲気で

両家両親のスピーチもなければ、乾杯の音頭はとても短い。

どちらかというと雰囲気は2次会より。

ゲーム大会など盛り上がるイベントがたくさん用意されている。

どちらがいいかと言われると一長一短で

甲乙つけ難いのだけど初めての1.5次会はとても新鮮だった。

いい経験ができたと思っている。

会社の部下2名にはこれから先、色々な嬉しいこと、辛いことが待っていると思うけど

どうか2人で力を合わせて分かち合い、乗り越えていってほしいと心から思う。

どうか2人とも末長くお幸せに。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする