手ぶらで生きる「ミニマリスト」という生き方で人生が楽しくなる。

ミリマリストとは?

簡単に言うと「何も持たない人」ということ。

著者のしぶさんはこう言う。

しぶさんという人を簡単に紹介すると、

・家具、家電がほぼない

・狭い部屋に住んでいる

・生活費が最小限

・財布を持たない

・服と靴が毎日同じ

・食事は1日1食

どこの修行僧だよって思われる人、

それって我慢だらけで節約節約の切り詰めた生活なんじゃないの?

って思われる人が大半だと思うがそうじゃない。

こうすることで「お金」という存在から解放され、自由を手に入れられるという。

より少なく、よりよく生きる

僕の考えるミニマリストは「必要最低限」ということだと思う。

例えばお金、食事、休み、物で例えてみる。

「お金」

月に50万の稼ぎがあれば満足なのか?それとも100万必要なのか?

じゃあその使い道は何か?

100万の収入で50万は貯金する。という風に考えるのであれば

その50万の貯金はなぜ必要なのか?

それがもし必要なければ50万分働いて

さらにもう50万分の働く時間は自分の好きなことをすればいい。

「食事」

お腹が空いているときは食べれもしないのに、

コンビニなどに行くとついつい買ってしまう。

そして食べている途中で満腹になって残すか無理矢理食べる。

当然太るか、余計な出費が増える。

自分の体にも財布にもよくない。

「仕事の休み」

予定もないのに休みばかり望む人。

寝たいからなどが大半の理由だと思うけど

一日中寝ていても体の疲れは適性の睡眠時間をとった時と同じ。

むしろ寝すぎて怠い、みたいなことが多いのではないか。

ちゃんと予定を立てて、なにかプラスになることをしよう。

それはランニング、読書、なんだっていい。

一日中寝ていても将来の自分は何も変わらない。

「物」

物で溢れた生活は、その物の意味を見失うことが多い。

物がたくさんあることで、使い道の選択が増えて正常な判断ができない。

似たような物を買って、果たしてどちらを使うべきなのか?

それが1つなら迷う必要がない。

選択の時間も奪われず、余計なストレスも感じないということ。

まとめ

ミニマリストの本質は「思考」だと思う。

どう生きていくかを考えた時、ミニマリストの知恵は人生に多いに役立つ。

それは私生活でも、ビジネスでも同じことが言える。

自由と言えば聞こえがいいが、

あらゆる物が世の中に溢れかえっているこの時代で選択を迫られた時、

何もかもがありすぎて決定できない人が多いのではないだろうか。

自由な時代だからこそ、何か生き方の基準を持つことが大事なのではと思う。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする