老若男女から人気「モネの池」とiphoneX写真比較

先日、岐阜県関市にあるモネの池に行ってきた。

インスタスポットとして若い人から人気の場所だけど

年配の人も多く訪れる観光地でもあるようだった。

旅行のバスツアーにも組まれているのか

観光バスも数台停まっていたりして

年々人気が増しているみたい。

ただ今日のブログはモネの池には申し訳ないが

写真について綴っておきたい。

話しは少し変わるが

ちょっと前にiphoneの調子が悪くなったので

急遽iphoneXを購入することに。

そしてこのiphoneX、カメラ機能がすごく進化している。

詳しく説明するとすごく長くなるので

5年くらい使っているGRと写真の比較をしてみる。

RICOH GR で撮ってみる

RICOH GR ƒ/5. 61/180 18.3 mm ISO 100

RICOH GR ƒ/5.6 1/200 18.3 mm ISO 100
改めて写真を見るとやっぱりGRはよく撮れてる。
自然な色味で絵っぽくなく、写真らしい写真。
非常に僕好みだ。

iphoneX で撮ってみる
iPhone X ƒ/1.8 1/528 4 mm ISO 20
iPhone X ƒ/1.8 1/517 4 mmISO 20
iphoneXで撮ってみた写真も悪くない。
F値が1.8だけあって写真がとにかく明るいという印象。
手ブレ補正機能も上がっているようで
ブレた写真は1枚も無かった。

並べて比較してみる

 

▲RICOH GR              ▲iphoneX

 

▲RICOH GR              ▲iphoneX
左右並べて見てみても分かる通り、写真の明るさに違いが分かる。
あとはiphoneXの方が写真がシャープというか
細部がしっかり表現されている。

まとめ
実際撮ってみて気付いたこと

・iphoneXの方が写真が明るい
・iphoneXの方が写真がシャープ

画質に関しては特に違いはなく、
その他でいうと手ブレ機能が上がっているくらい。

今回の検証で僕が一番気になっていたのは
iphoneXはGRの代わりになるかということ。

画質的な面では問題なく、
予備のバッテリーなど付属の荷物も減って
行動のしやすさも上がった。

ただ心配なのはバッテリーの持ち具合。
今回はモネの池のみの撮影だったので
撮影した回数も少なくて済んだけど
一日出掛けた時などは注意が必要だろう。

バッテリー性能も上がっているので
しばらくはこのiphoneXだけで出掛けてみて
また検証していこうと思う。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする